at-the-fortune-tellers-884115_1280.jpg

占いの館

 

遠い昔、アポロンに仕えた巫女たちは、デルフォイの神殿で原始的な占いを庶民へのサーヴィス的なものとして行っていた。彼女たちはひどく不安定な三脚の高い椅子の上に座り、麻薬のような煙草を吸ってトランス状態に陥りそれによって神との交信をしやすくしてから、人々に託宣を与えた。

これらの巫女は選ばれた感もあるが、ごく初期の段階では巫女は存在せず、ただ連れて来られた女が坪の中に手を入れて、白と黒に塗られた豆を無造作に取り出してはイエスかノーという単純な答えを導き出していたのである。

人類の存在する地域には・・・世界中の民族は、こうした神託的な、占者が存在する占いから自分自身で行わなければならない一種まじない的な雰囲気を持つ占いまで、実に多くの占いのバリエーションを生み出して来た。なおかつありとあらゆる物(事象)が占いの対象になっている。

 

占いとの賢い付き合い方

占いは、あくまで情報であり、迷ったときの選択肢のひとつにしか過ぎません。
占いをこの世に誕生させたのも人間なら、使っていくのも人間。道具というものは使い方次第です。
占い師は行った占いの結果を伝え、アドバイスするだけの存在です。導き出された結果を質問者の質問と照らし合わせながらカウンセリング的なアドバイスをしますけれど、その結果を受け入れて行動を起こしたり、気持ちを切り替えるのは「あなた自身」です。つまりは占いの結果を生かすも殺すも、質問者自身の問題です。

一言でいうなら 占いは「たかが占い」です。
絶対的な「神の声」ではありません。しょせん、人間の浅知恵で知りえること・・・未来や人が存在する人生の意味を知りたくて知りたくて、何とか方法はないかと、先人たちが模索して出来た道、方法のひとつに過ぎません。盲信するのではなく、謙虚に利用することそのものが大切なのだと思います。
前向きに、積極的に生きるために、「占い」から得られることの中から、人生の光明やヒントを見つける。
そのくらいでいいのではないでしょうか?

 

占いの利点

占いをする・・・迷ったときのヒントとして占いを使うこと。占い師に占いを依頼することは、現実的な視点とは別の見方をしたり、第三者に客観的な意見を聞くという意味で有意義だと思います。
他人に話すことで、気持ちが落ち着いたり、他人に伝える作業の中で気持ちの整理がついたりすることは多々あること。現実的な方法で打開策が見つからないとき、いっそ現実的かつ常識的な方法から逸脱した見方をしてみると、思わぬ盲点が見えたり、意外な解決法が見つかることもあるものです。

たとえば、一人で悩んでいても解決法が見つからないように、他人に話すと自分に見えない点や方法を教えてもらえることもあるものです。占いが示す答えはときにそうしたものであったりもします。

また、自分ですでに判っているのに。認識して自覚もしているのに、他人に言われて改めて気づくことというのもあります。そして他人に駄目押しをしてもらってやっと踏ん切りがつくということも。

 

そういう意味で占いは、本人に自覚を促したり、問題ときちんと向き合う場所を提供します。他人や人知を超えた占いのメッセージを聞くことで自分には無い「答え」や「発見」を手にする機会も与えてくれます。

その人自身の生まれてきた意味を探ったり、隠れている才能を見つけたり、性格的なクセを知ったり、問題の根本的な意味を探ったり、何処にいけば幸運があるのか、行きたい場所にいく近道があるのか、何故こうなってしまったのか、何がいけなかったのか、いつそれが起きるのか、そのリアクションを起こすのにはいつが一番良い時期なのか、どうすれば現状を変えていくことができるのか・・・

占いの結果の中に自分が求める結果がある無い、で占いの有用性を判断するのではなく、自分の不運のタネの原因を運命のせいにするためではなく・・・自分が求める人生に近づくために、限りある自分の人生の時間を有意義に使っていくために、占いの叡智は使っていくべきものです。

 

占いにできないこと

占いの中には、結果に対する解決法として運気の流れを変えたり、悪運を払うためのまじない的要素を持った開運法があるものが存在しますが、占いは「開運法」そのものではありません。

加持・祈祷と占いはあきらかに違います。

占いはあなたの願望をかなえるための「まじない」でも「魔法」でも「奇跡」でも何でもありません。

占いは「予言」ではありません。未来を予測判断するひとつの体系ではありますが。絶対的な未来や幸運をあなたに約束するものではありません。

no-3761956_640.jpg
 

また、占いはあなたの「望む結果」「希望する未来」を投影して、それを告げるものでもありません。「望む結果」「希望する未来」に近づけるためにどうすればいいのか・・・といった手段や策を授けることは出来ますけれど。

 占いそのものがあなたの問題を解決することはありません。占いの結果を聞いて、それを現実に生かし、状況を変えていくのはあくまであなた自身です。ましてや、占い師があなたの問題を解決するわけではありません。

 占いがあなたの未来を決定するものではありません。未来を作るのはあなたです。

 断っておきますが、占い師は神様ではありません。占い師はただの人です。
宗教家で占いをする人もいますが、占いと宗教は別物です。また、宗教と結びついていたとしても、あくまで人は人。占い師も宗教家もただの人間です。

 宗教と占いは別です。占いは宗教ではありません。特殊なメカニズム、独特の思想体系を伴った学問のひとつです。

 霊能力と占いも別です。霊能者と占い師も別物です。霊能者や透視能力者が占いをすることはありますが。分野的にはあいまいで近いところにいますけれど、占いにはシンボルを読み取るための「媒体」、道具が必要なのが一般的ですが、透視や霊能力で未来や現状に対する「何か」を読み取るときには「媒体」は存在しません。時に相手のオーラの状態だったり、守護霊からのメッセージを聞いたり・・といったようですが。このあたり道具を使うか使わないかの差であるかもしれませんけれど。

 

占いにできること

占いは、独特の思想体系を持った学問です。使う人のポリシーや考え方によって、用いられ方に差はありますが、伝えられている知識の根底には差がありません。

多くの占いは以下の3つの種類に大分することができます

sundial-4017657_640.jpg
 
arcana-4140879_640.jpg

兆学(ト占・媒占法)

易・カード(タロットやトランプ、他)・ルーン・サイコロ
ホラリー占星術・宝石占い・ダウジング・水晶占い・キャンドル占い・紅茶占い・花占いなど

 

“きざし”に基づく占いで、或る事柄の未来を媒体する品物の兆を観て未来を予兆する方法。その媒体物として道具などを必要とします。あくまでも偶然性というものを重視した占法です。神託的な要素があり、占者のインスピレーションがもっともモノを言う占いです。

質問に対する解答を得るのに適しています。「はい」か「いいえ」か「進む」か「止まる」かなど。過去の原因を見たり、現状の鍵を探ったり、これからどうなるかということの解答も得られます。ただし、3ヵ月から半年位までの限定された未来しか読み取れないと思ったほうが良いでしょう。恋愛では相手の心の動きなども察することができます。相性や適性、先天的なこと、長期的なことは占えません。

 
d5798cea1c82aa6413056ab2ede258f5_s.jpg

相学

手相・人相・骨相・名相(姓名判断)・家相・墓相
印相・筆相・声相・瓜相・方位・地相・風水・数秘術(ヌメノロジー)・夢占いなど

 

個々の姿形などを観て占う方法。性格や運命と個々の姿形との間には相関性がある、という考えに由来しています。

表面に現れている相が周囲にどのような影響を与えているのか、その結果周囲とどのような関係を作り出しているのか、周囲からどのような影響を受けることになっているのかなど。現状から見た周囲との関係を見ることが出来ます。家や土地、姿かたち(容姿や名前)などからもたらされている影響を知ることができます。得てして東洋占いの相学は「気」を重視するので、悪い影響を受けている場合、それを避けるための開運法というのが存在して、場合によってはそこまでサポートします。「縁起かつぎ」というのはこの「開運法」に由来するのがほとんどです。手相や人相はもともと病気のための診断法なので健康のことは的確です。ただし、西洋の手相の見方は東洋のと方法が違うので診断法とはなりえません。

 
esoteric-652642_640.jpg

命学(運命学)

西洋占星術・四柱推命・紫微斗数・星平会海・気学九星術・奇門命理・奇門遁甲・
占数術・阿洛理数・宿曜・七政四余命学(中国星命術)・ヒンズー占星術・0学占星術など

 

生年月日を基点とした時間と空間に根差した“星占い”と“暦日占い”がこれにあたります。出生時点における自然界の様相はそのまま本人の運命の様相となるという考えに由来しています。

その人そのものを解読していく占いです。その人自身がどのような素材によって出来ているのか、どのような星の元に生まれたのか・・先天的な性格や才能、全般的な人生を考えて見直すのに適しています。進路や進学問題、適性や適職、恋愛の傾向、結婚に適した時期、結婚に向いているか向いていないか、子供運、事業運。人生のターニングポイントやあることをするのに適した時期を割り出すなど。
人生そのものやあらゆる問題の本質を見ていくときには命学の存在なくしては語れません。また、他人との関係性を見ていく「相性」も命学で判断します。また相手の気持ちなどは読めないまでも、相手の好みのタイプとか恋愛の傾向や出会いのチャンスなどは紐解くことが出来ます

 

プロの占い師はこの大分類の中から数種類の占術をマスターしているものです。 
そして、質問者の相談内容に合わせて、適した占術を選択し、回答を導き出します。

兆学でしか判らないことを命学で判断したり、命学で判断すべきところを無理やり兆学や相学で判断してこじつけるのは無責任な方法です。
プロとしての自覚がある占い師なら、自分は相学は出来ないのに相学に適した質問内容を携えたお客さんには相学で見たほうが良い、と正直にそちらを薦めるものです

 

©2019 by Medicine Wheel. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram